忍者ブログ

PO!祭日記

よっちょれ! 祭りを記録しますよっ(^^)

みちのくYOSAKOIまつり

こんにちは!
みちのくYOSAKOIまつり担当の軍手とバロンとはぴねすです(^o^)☆

遂に、今年の作品「華結 〜大切にしよう 今この時を〜」をお披露目しました!!!いえーーい!

この作品には、私たちが過ごしている何気ない日々は実はかけがえないもので、そんな当たりに過ごしている今この時を大切にしてみませんか?という意味が込められています。

作品は物語り仕立てになっており、わたしたちぽっそ娘が蝶を表現しています。

15代目が1年間作ってきたこの作品を、13〜16代目全員で踊ることができ、感無量です!!!!


ではまず、わたしバロンが金曜日のことからお話しします(^o^)(^o^)

金曜日といえば金曜企画「芋煮」ですよね!ざっくさんと北人さんと3チームでの交流会。。激アツでした。。。!

北人さんが乗るはずだったフェリーが欠航になったということで、一時はホストチームのみの芋煮になるのではないかと不安にもなりましたが。。無事3チームでの交流会となり一安心でした(^o^)(笑)

ゲームを重ねるごとに仲良くなることができ、とても楽しかったです!北人さんのネタの数々には圧倒されながらもたくさん笑わせていただきました。ありがとうございます!!

金曜企画の方々も美味しい芋煮、楽しいネタやゲームを考えていただき、ありがとうございました!


それではそれでは、はぴねすが続きます
みちのくYOSAKOIまつり 1日目!!!

1年間あたためてきたこの“華結”をたくさんのお客さんに届ける時がやってきました!
ちょこっと不安などきどき と はやくおひろめたい楽しみなどきどき

勾当台公園でお披露目したあの高まる気持ちと、ぽっそ娘のきらきらの笑顔、そしてお客さんのあの顔をきっと一生忘れないんだろうな、と思いました(^_^)

みちよさは、仙台お祭りとして私たちが演舞を届けることができる最初で最後のお祭りでした。
地元ということもあり、両親や友人などたっくさんの人が見にきてくれました!

1年間家族には特にサポートしてもらったり、忙しくても理解してくれて本当に感謝しています!!
そんな家族が見にきてくれて
「これがみんなで頑張ってきた結果なんだね、たくさんがんばったし、うまくいくことだけじゃなかったかもしれないけど、みんなの顔をみたら全部伝わるよ、きっとたくさんの人に届いたしこれからも届くといいね」
といってくれました。本当に感謝しかありません…!
これから全国をまわるのがとても楽しみです♩

なーんて、ちょこっとまじめな感じになりましたが
夜は恒例の土曜企画!!!
たっっっくさんのチームさんが参加してくださいました!
そしてそして、これまた恒例の先輩方のネタ☆彡
ことしは〜豚さんでした〜!!
いやあ毎年とてもガチでおもしろいです♩

来年も期待したいですね〜!

まだまだみちよさ日記続きます(^○^)
ぜひぜひ最後までよろしくお願いします!!


さてさてみちYOSA二日目に
ついては私軍手が( ´ ▽ ` )

二日目はパレードも含め計7回演舞
させていただきました!
二日目は何と言ってもメインステージ市民会場での演舞がありました!
市民広場は、ぽっそ娘が全員で踊れる唯一の会場でした。
皆の気合いも充分に、いざステージへ!
想像以上に沢山のお客さんが観に来てくださり、演舞を終えると大きな拍手が会場を包みました!
その瞬間、「気持ちが届いたんだんだ」と思いました!

そしてこの日の最終演舞はフィナーレ演舞でもう一度市民広場で踊る機会をいただきました!
ライトアップされた会場、暖かい声援、共に頑張ってきた仲間たちと、本当に最高なステージで踊ることができました。

そしてそして演舞後には日曜企画!乱舞の湯inRensa♪♪♪
たくさんのチームをお招きして朝まで踊り明かしました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

この三日間を通して私たちは多くの方々に支えられて踊ることができているんだなと改めて感じました。
15代目の一年間の集大成、華結と
いう作品がみちYOSAで最高なスタートをきれたことのは周りの皆さんが支えてくださったからです。
一年間支えてくださった全ての方々に感謝の気持ちをこめて。
本当にありがとうございました!
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーコード

アーカイブ

Copyright © PO!祭日記 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]